茶道具

無地唐津筒茶碗(桃山時代~江戸初期)

口径 約8.5cm

高さ 約10cm


 筒茶碗として使っても良し、今ではグラスの替わりにビールを飲んでもグラスよりもやわらかな味わいが楽しめます。


絵志野筒(箱書きから)(桃山時代)

口径 8.3cm

高さ 8.5cm


 やわらかい肌に草文をあしらい向附としてよりも、筒茶碗として使われてきたと思います。

見込みには小さい目跡が3つ、また口縁に釉はげが3カ所ほどあります。




粉引茶碗

口径 約12cm

高さ 4.5~4.8m


 小服茶碗としてはもちろん、やや大きいですが、盃として使うのも余興かと思います。

蓋裏に大正13年2月に購入した記載があります。




絵志野向附(桃山時代)

口径 約7~7.8cm

高さ 約8.4cm


 口縁がざらついていますが、達筆な筆捌きで「沢瀉」を描いています。

 替茶器として使われたようで、木の蓋が付いています。



鍋島染付水指(江戸後期)

高さ(摘みまで入れて) 約21.5cm

胴経 約14.5cm



古萩粉引茶碗

口径 約13.2cm~13.4cm

高さ 約7.4cm


俗に「一楽二萩三唐津」と称されてはいるものの、なかなか初期の名碗に出会うことはあまり無いように思われます。

低火度焼成で胎土の焼き締めがない為、力強いロクロ目、荒々しくザングリとした高台削りにもかかわらず、手にした感触のやわらかさが、萩の魅力の一つであると思います。

また、内面に火間の見られることも粉引の茶碗の見所となります。

小井戸茶碗

口径 約13.5cm~14cm

高さ 約8cm


井戸茶碗というと、梅華皮(かいらぎ)と高い竹節高台を連想しがちですが、小井戸の名碗と言われる「六地蔵」は、高台は低く外に開き、口縁は端反りになっています。

「六地蔵」の茶碗の見込みには目跡が六つありますが、これは重ね焼きしたことを意味します。当碗には目跡が無いことから、当時、一番上に置かれて一緒に焼成されたのではないかと想像することも楽しくはないでしょうか?

梅華皮の出方はうすいものの、釉調色調共に、侘びの一碗としての味わいは深いものがあります。

李朝無地刷毛茶碗

口径 約13.2cm~13.4cm

高さ 約7.ccm


無地唐津沓茶碗(桃山時代)