酒器

備前徳利

高さ 12.5cm

胴経 7.8cm

容量 約1合半

江戸後期の作ですが、姿形景色共、なかなか深い味わいがあり、使い勝手が良い。お酒もやわらかい味になり、冷めにくい。

斑唐津猪口(桃山時代)

口径 6.5cm~6.7cm

高さ 約6cm

 口縁に一カ所金直しがあります。

初期伊万里鉄釉竹節形徳利(伝百間窯)

 高さ 約20.4cm

 胴径 約8.5cm

 (口は共継)

斑唐津猪口(桃山)

 口径 約6㎝

 高さ 約6㎝

高取猪口

 口径 約5.5㎝

 高さ 約5.4㎝

初期伊万里八面取大根文猪口

 口径 約6.1㎝

 高さ 約5.2㎝

斑唐津猪口(桃山)

 口径 約5.5㎝

 高さ 約4.9㎝

発掘ながら無傷です。火の勢いが強かった為か、暴れた斑釉の濁りが魅力的です。

高麗青磁蓮弁文猪口

 口径 約7.5㎝

 高さ 約6㎝

無傷です。ぐい呑みとしても十分使えます。

実物の色味は写真とはすこし異なりますので、興味をお持ちの方はお店に実物を見にお越しください。

粉引徳利(李朝)

 高さ 約12.5㎝

 胴径 約10㎝

斑唐津盃(桃山)

 口径 約8㎝

 高さ 約4~4.3㎝

 傷なし