酒器

新羅四方徳利

高さ 12.5cm

胴径 8.8~9.5cm

容量 約300cc (1.7合)

 日本でいうと古墳時代から奈良朝にあたる時代に朝鮮で焼かれた須恵器です。

 須恵器というとあまり評価は高くなく、せいぜい資料的な価値しか認められませんでしたが、

今回御紹介する徳利は珍しく胴を四方に押さえ酒器としても使い勝手の良いものです。

 念の為、煮沸消毒をしましたが、その時に2ヵ所あった共直しがはずれてしまいました。

 幸い、油臭も土臭もありませんでしたので、酒器としても、また一輪挿しの花生けとしても活用できると思います。



無地唐津盃(江戸前期)

口径 8.8cm

高さ 5.5cm

 江戸前期とは言っても、江戸初期の雰囲気も残しているので、古唐津の入門編として充分楽しめるかと思います。

もちろん、金直しはありますが、伝世品です。(合わせ箱)

入門編として、気軽にお試しいただける様、定価販売をします。


消費税・送料込 100,000円(発送は日本国内のみ)




斑唐津皮鯨盃(桃山時代)

口径 約7~8cm

高さ 約4cm

 斑釉に皮鯨の鉄釉が混ざりあって流下している様は、まるで油絵の具で描いたような厚みがあります。

 伝岸岳皿屋発掘



斑唐津猪口(桃山) 

口径 約6.5~6.7cm

高さ 約5.4cm

もしも、来し方を振り返りながら、山合いのひなびた宿で一人しみじみ呑む時に連れてゆきたい猪口です。

派手さは無いけれど、実に渋い味わいの斑釉です。

織部猪口(桃山~江戸初期)

口径 約6.3~6.6cm

高さ 約6.7cm

織部としては極めて珍しい筒の猪口です。

外は織部釉が濃く薄く掛かり、見込みには緑青の釉溜りが酒を入れた時の見所になります。

胎土は極めて緻密で、高台削りはシャープです。

粉引平盃

口径 約11.3cm

高さ 約4cm

口縁にソゲが2ヵ所ありますが、やわらかい粉引釉がたっぷり掛かり、よく酒を飲んだという味わいが出ています。

朝鮮唐津徳利(江戸初期)

胴径 約9cm

高さ 約10.5cm

容量 一合

口縁と胴部に多少の釉ハゲがあるものの無キズです。

小徳利なので、ロクロ成形です。

朝鮮唐津猪口(江戸初期)

口径 約5.5~8.3cm

高さ 約4.6cm

発掘伝世ですが、鉄釉の上から掛けられた斑釉が深みのある青に発色しています。

黄瀬戸六角猪口(桃山)

口径 約6.6~7.5cm

高さ 約5~5.2cm

 タンバンが胴の側面に一カ所、てかって分かりずらいが、見込みに小さく一カ所打ってあります。

酒呑みとしての伝世の味わいが格別です。

斑唐津猪口(桃山)

口径 約7cm

高さ 約5.5cm

 無キズです。

SOLD OUT 斑唐津猪口(桃山)

口径 約6.5cm

高さ 約5.6cm

 口縁から鉄釉が流れて景色になっています。

 見込みの青い斑も見所です。

無地唐津盃(岸岳 山瀬窯)

口径 約8.3cm

高さ 約4.7cm

 山瀬の作品は斑が有名ですが、稀に長石釉の作品があります。

山瀬特有のやわらかいビスケット地の上に掛けられた長石釉がカイラギを生じ、井戸の盃で飲んでいるような雰囲気を醸し出しています。

初期伊万里染付龍文鎬猪口(江戸初期)

口径 約6cm

高さ 約6.5cm

初期伊万里徳利(江戸初期)

高さ 約14.5cm

胴経 約8.5cm

容量 2合

 初期伊万里徳利で、実際に酒に使える大きさの徳利は意外に少ないものです。

磁器とはいえ、伝世の味わいがあります。

青唐津盃(岸岳飯洞甕窯掘りの手)

口径 約9cm

高さ 約4.5cm

 「西岡小十」箱書き

李朝三島徳利

高さ 約13.5cm

胴経 約9cm

容量 300cc(約一合六勺)

李朝三島徳利

高さ 約14cm

胴経 約9cm

容量 340cc(約一合八勺)